歴史略年表

14~15世紀 マレー系民族の大移動。

血縁中心の小社会(バランガイ)をつくる。

1521 マジエラン、セブ島に上隆

1565 レガスピ、セブ島に来航。スペインの植民開始。

1571 マニラ市建設、初代総督レガスピ。

1577 スペイン、ルソン全島占領。

1750 ほぼフィリピン全土にキリスト教普及。

1834 マニラ開港。新興階級形成。

1860 セブ開港。

1872 反スペイン政府の神父3名刑死。

スペイン政府への抵抗強まる。

1892 ホセ・リサール、フィリピン連盟結成。

アンドレス・ボニファシオ、革命秘密結社

「カティプナン」結成。

1896 革命武力闘争開始。リサール刑死。

1898 米西戦争でスペインから独立、

米の統治下に入る。フィリピン共和国官言。

1901 米、フィリピン支配。

1935 フイリピン連邦政府成立。

1942 日本軍、フィリピン占領。

1946 7月4日完全独立国となる。第5代大統領口ハス。

1950 フク団の暴動。

1953 第7代大統領マグサイサイ。

1963 農地改革法制定。

1965 マルコス大統領誕生(第10代大統領)

1970 マルコス大統領再選。

1972 マルコス大統領、戒厳令布告o

1975 ケソン他4市13町を統合して、

メトロ・マニラを構成o

1976 IMF総会。

1981 1月、戒厳令解除。

1986 2月25日コラソン・アキノ大統領誕生(第11代大統領)

1991 6月、ピナツボ山大噴火。

1992 6月、F.ラモス大統領誕生。スービック、クラーク返還。

1996 11月、APEC会議開催。

1998 独立百年祭エキスポ。

1998 6月、エストラダ大統領誕生

2001 2月、アロヨ大統領誕生(第14代大統領)

2004 6月、アロヨ大統領再選。

2010 6月、ベニグノ・アキノ大統領誕生(第15代大統領)

 

 

転載元:この記事の著作権は、フィリピン共和国観光省に帰属します。